歯磨き粉 歯周病 安全

歯周病に効く安全な歯磨き粉!

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

市販の歯磨き粉には体に悪い影響を与える成分が含まれています。

 

量的には体に影響はありませんが、気になる人もいるかと思います。

 

なので、そういった成分を含んでいない歯磨き粉を人気順でご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

 

 

市販されている歯磨き粉のほとんどは体に悪い成分が含まれている?

 

市販されているほとんどの歯磨き粉には体に悪い影響を与える成分が含まれているのを知っていますか?

 

ただ、体に悪い成分が含まれているといってもごく少量で、量的には体に悪影響を与えるものではありません。

 

日本は他国よりもそういった基準が厳しいので、まず間違いはないと思います。

 

しかし、歯科医師の多くが市販の歯磨き粉を使っていないようなんですがなぜでしょうか。

 

 

 

 

 

歯磨き粉に含まれる体に悪影響を与える成分とは?

 

発泡剤

 

ラウリル硫酸ナトリウム
ショ糖脂肪酸エステル
ラウロイルサルコシンソーダ
ラウロイルサルコシンナトリウム
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム

 

これらは発泡剤といわれるもので歯磨き粉が泡立つようにするために含まれる成分です。

 

危険性については、発がん性を指摘されています。

 

日本人はどうやら石鹸というと泡立つものだと思っているようです。

 

泡立たない石鹸だと洗った気がしない、汚れが落ちる気がしないようなんです。

 

なので洗濯洗剤と同じように実際には必要のない発泡剤をわざわざ入れて泡立ちを良くしているのです。

 

これは、歯磨きの観点から言うとあまりよろしくはありません。

 

なぜかというと、泡立つことによって歯をきれいに磨いた気分になってしまって、逆に磨き残しが多く残ってしまうからです。

 

しかも、少量だから大丈夫ということで体に悪い成分をわざわざ入れてると思うと複雑ですよね。

 

 

 

研磨剤

 

リン酸水素カルシウム
水酸化アルミニウム
無水ケイ素
炭酸カルシウム
水和シリカ
マイクロビーズ

 

これらの成分は研磨剤といわれ、歯の表面を磨くために含まれています。

 

洗車をする人ならわかると思いますが、水垢を落とすときに使うコンパウンドと同じです。

 

歯を白くするために含まれています。

 

危険性については記憶障害やアルツハイマー、注意力欠陥、味覚障害などの原因になります。

 

また、マイクロビーズについては人体への影響以外にも環境問題で大きな話題となっています。

 

 

 

保湿剤

 

プロピレングリコール
ソルビトール
グリセリン

 

これらの成分は歯磨きをした後の口腔内を保湿してくれます。

 

危険性については、発がん性や歯の成長を妨げるといわれています。

 

微量なので問題はないと思いますが、歯磨き粉に歯の成長を妨げる成分が入っているんですね。

 

 

 

甘味料

 

サッカリン

 

子供用の歯磨き粉でいろんな味のついたものが売られていますが、それらに使用されている甘味料です。

 

発がん性があります。

 

 

 

安定剤

 

酸化Ti

 

歯磨き粉の粘りを出すために使われます。増粘安定剤。

 

発がん性やアルツハイマー、不妊の危険性があります。

 

 

 

着色料

 

赤色〇号など

 

歯磨き粉のイメージに合わせていろいろな色に着色されます。

 

発がん性や催奇形性(さいきけいせい)、精神障害の危険性があります。

 

催奇形性は妊婦の方が使用すると胎児に奇形を発生させる可能性があるということです。

 

 

 

保存料

 

安息香酸

 

発がん性や細胞の突然変異が起こる危険性があります。

 

 

 

 

 

なぜ危険性の高い成分を含んだ歯磨き粉を売っているのか?

 

なぜでしょう?

 

答えは、儲かるからです。

 

歯磨き粉はほとんどの人が毎日使うものです。

 

しかも、多い人は1日に3回以上使いますよね。

 

これだけ毎日使う歯磨き粉の値段が高額だったら誰も買わなくなります。

 

メーカーとしては、なるべく安く、しかも効果のあるものを作ろうとしますが、原料が高いと安いものは作れません。

 

なので、安価で効果のある原料を使用しているんです。

 

しかも、化粧品と同じで、原価は二束三文なんですが、テレビCMなどのおかげで、それなりの値段でたくさん売れます。

 

逆に儲かるからこそ、高いCM料を払えるともいえます。

 

 

 

 

 

歯磨きのあと十分ゆすげば大丈夫?

 

ところで、歯磨きの後は口をゆすぐから多少体に悪い成分が含まれていても大丈夫だと思っていませんか?

 

実は人間の体は皮膚からでも、ものを吸収します。これを経皮吸収といいます。

 

あらゆる物質は分子で構成されていますが、この分子が小さければ皮膚から体内に吸収されます。

 

例えば子供が泥遊びをしたからといって、泥が体内に吸収されたなんてことは聞いたことがありませんよね。

 

それは、泥の分子が大きいために皮膚からは吸収されないからです。

 

でも、分子の大きさが人間の皮膚を通すぐらい小さいものだったら、皮膚から吸収されてしまうんです。

 

その証拠に筋肉の痛みなどを和らげるために肌に塗るものや、禁煙するときに使用されるニコチンパッチなんかあります。

 

特にニコチンパッチなんかは、「貼ってどうすんだ!」なんて思った方も多いのではないでしょうか。

 

それと同じで口の中に含んだものは飲み込まなくても体に吸収されてしまうことがあるんです。

 

 

 

 

 

歯周病に効果のある歯磨き粉の選び方

 

殺菌成分が入っていること

 

歯周病対策で大切なことは、歯周病の原因である歯垢を取り除くことです。

 

丁寧にブラッシング(歯磨き)をして、細菌の塊である歯垢を取り除くことで歯周病予防になります。

 

また、歯周病に感染して歯茎に軽い腫れや出血が見られる初期段階でしたら、丁寧にブラッシングすることで治ってしまいます。

 

 

大切なのは歯垢を除去することなんですが、いくら丁寧にブラッシングしたとしても歯垢をすべて取り除くことは不可能といわれています。

 

なので、ブラッシングだけでは除去できなかった歯周病菌を殺菌する作用のある成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

 

殺菌効果のある成分には以下のものがあります。

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

 

他にも、プロポリスなどの天然成分を配合しているものもありますので、どのような殺菌成分が配合されているのかチェックしましょう。

 

 

 

炎症を抑える成分が入っていること

 

歯周病に感染して歯茎が腫れてくると、歯周ポケットがその分深くなってしまいます。

 

すると歯周病対策で大切なブラッシングをするときに、歯ブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届かなくなってしまい細菌が増殖して歯周病の症状が悪化してしまいます。

 

 

炎症がひどくなって歯茎に痛みを伴ってくると、これもブラッシングするときに邪魔になってしまいます。

 

 

なので、ブラッシングの邪魔にならないように、炎症を抑える成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

研磨材が含まれていないこと

 

研磨材は入っている歯磨き粉でゴシゴシ磨いてしまうと歯を傷つけてしまいます。

 

歯周病で歯茎が下がってくると、歯の根元の象牙質という部分が露出してしまい、ここは非常に柔らかいのですぐに傷ついてしまいます。

 

その傷に細菌が入り込みますし、歯と歯茎の間ということで細菌が増殖し、歯周病が悪化しやすくなってしまいます。

 

なので、できれば研磨剤が入っていないものにしましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

歯磨き粉,歯周病,安全

 

 

市販されているほとんどの歯磨き粉には、ごく微量ですが体に悪い影響を与える成分が使われていることが分かりました。

 

日本の基準は他国よりも厳しいので大丈夫だと思いますが、100%大丈夫という保証はありません。

 

みんな使っているんだから大丈夫なんだろうけど、「それでも、なんかしんぱーーい!」というあなたは今回ご紹介した歯磨き粉を参考にしてみてください。

 

その中でも一番のおすすめはやっぱり第一位の「プロポデンタルリンスR&C」です。

 

気に入らなければ全額返金保証が付いていますので、無料で試せるのと同じです。

 

この全額返金保証は、完全に満足して使用できる品質を、保証するものではないでしょうか。

 

 

歯磨き粉,歯周病,安全